学際的ワークショップ「精神分析の知のリンクに向けて」(10/1)開催のご案内

10月1日(日)に市ヶ谷にて、小寺記念精神分析研究財団主催の標記のセミナーが開催されます。フロイトの「素人分析の問題」を取り上げたセミナーで、哲学者の國分功一郎氏、医師の臨床家藤山直樹、非医師の臨床家平井正三氏が発表、分析家の十川幸司氏と私が指定討論をつとめます。皆様ふるってのご参加をお待ちしています。詳細は下記のリンク先をご覧ください。

http://kodera.or.jp/pdf/interdisciplinary_wksp2017.pdf

『ラカン 真理のパトス:1960年代フランス思想と精神分析』合評会(6/23)開催のお知らせ(ポスター追加)

日本ラカン協会研究会(パイロット版)第2回
『ラカン 真理のパトス:1960年代フランス思想と精神分析』合評会

日時
6月23日(金) 18時30分~20時30分
場所
東京大学駒場キャンパス 18号館4階コラボレーションルーム3
コメンテータ
合田正人(明治大学文学部長)
十川幸司(精神分析家・精神科医 十川精神分析オフィス)
福田大輔(青山学院大学総合文化政策学部)
応答
上尾真道(立命館大学衣笠総合研究機構)
司会
原和之(東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻)

 著者の上尾真道先生をお招きして、この3月に公刊されました『ラカン 真理のパトス:1960年代フランス思想と精神分析』(人文書院、2017年)の合評会を開催します。皆様ふるってのご参加をお待ちしております。

ポスターはこちら↓(6/16)

2017年度フランス科進学ガイダンス

 学部2年生向けの教養学部教養学科地域文化研究分科フランス研究コースの進学ガイダンスが始まりました(1年生の参加も歓迎です)。第1回は本日でしたが、第2回、第3回がそれぞれ来週、15日(月)と16日(火)に開催されますので、興味のある方はぜひご参加下さい。詳細はこちら